不動産買取のメリット・デメリットとは?不動産買取に向いている条件もご紹介!

query_builder 2023/01/30
ブログ

使わない不動産があるとき、使わずともかかる固定資産税や設備費などから手放すことを検討する方は多いでしょう。
しかし不動産を手放すにも方法はさまざま。
どうやって手放すかでも悩んでしまうのではないでしょうか。
それぞれに長所、短所がある中で当社では多数の売却手段を取り扱っていますので台東区周辺でお困りの方は直接相談していただくこともおすすめなのですが、やはりまずはネットである程度調べたい方も多いでしょうし、遠方の方は相談にいらっしゃることも難しいでしょう。
そのため今回は、不動産買収に限定してメリットとデメリットをご紹介します。

□不動産買取のメリットとは?

1. 仲介手数料が0円で済む

不動産買取では仲介卸売にかかる費用として大きい仲介手数料ですが、不動産買取ではまったくの0です。
仲介売却が成立した場合支払うことになる仲介手数料は売却額によりますが、例として1000万円で売った場合は39.6万円となり、なかなか大きな金額です。

2. 譲渡所得税にならない

譲渡所得にはさまざまな特例や計算式があり発生しないことも多いのですが、前提として譲渡所得税は売却額から算出されます。
しかし不動産買取では一般的に売却額が安くなることが多く、計算式の結果譲渡所得税がかかるかどうかわからない場合は、結果として税金がかからない分安くなる可能性があります

3. スピーディに契約が進む

最大のメリットはこれかと思うのですが、不動産会社で見積、相談した後、遅くても一か月で売却が完了するので、急ぐ理由がある方や忙しい方にはおすすめです。

4.契約不適合責任を気にしなくて良い

引き渡し後でも一定期間の間に未共有のトラブルが発生した場合、売主は買主に賠償請求される可能性があります。
それが契約不適合責任です。
雨漏りやシロアリなど売主も知らないトラブルは必ずないとは言い切れませんので、期間が終わるまで賠償請求される可能性があるのです。
しかし不動産買取では契約内容から契約不適合責任が免除されますので、引き渡し後に新たな出費の可能性が残ることはありません。

5.内覧の手間がない

仲介卸売では、買主に選ばれる必要があります。
そのため、必須でなくても掃除やリフォームをして見た目を良くした方が良くなるのです。
そうなるとどうリフォームするか考える労力もかかりますし、単純に時間もお金もかかります。
一方、不動産買取であればそのままでも売れるので掃除やリフォームの手間は確実にかからず、内覧の手間はそもそも全くの0です。

6. プロ相手なので安心できる

仲介卸売りと業者買取では相手が一般人と不動産会社であるという違いも忘れてはならないでしょう。
仲介卸売りでは一般人を相手にするため、執拗な値下げ要求や怪しい相手に買われる可能性があります。
相手も一生に一度の買い物をしている以上必死ですし、契約直前になってのキャンセルや条件が良いのに売れないといった努力ではどうしようもないことになるかもしれないのです。

しかし、不動産買取であれば相手はプロです。
安くなりがちとはいえど適正価格で買い取ってくれますし、引き渡しまでのスケジュールも無理がないようサポートしてくれます。

7.売却することを周りに知られず完了できる

仲介卸売りでは内覧がなくとも売るために情報をさまざまなところに出します。
ネットのサイトにも載るでしょうし、近所にも買主募集のチラシが配られる可能性は高いでしょう。
ですが不動産買取であれば不動産会社との間ですべてが完結するので、外部に情報が漏れることはありません。
なにかしらの理由で訪問する際も社名の入ってない車で来てもらえば、傍からはなんの来客かわからないでしょう。

8.引き渡し後に資金計画を立てるのが容易

これは仲介卸売りで発生する買取価格の変動によるものです。
不動産買取であれば最初に提示された査定額がほぼ実際の買取価格になりますので、売却の代金をどう使いたいか、早めに計画が立てられます。
しかし仲介卸売りでは契約を交わすのは個人と個人なので、契約が交わされるまでは何らかの理由で売買代金が変わることがありえます。

□不動産買取のデメリットとは?

以上のようにさまざまなメリットがある不動産買取ですが、主流とはとてもいいがたいのが現状です。
その理由として考えられるデメリットも説明していきます。

*価格が安くなる

最大の理由はやはり仲介卸売りに比べて売却額が安くなることでしょう。
一般的な基準の一つとして、買取価格の相場は仲介卸売りの金額の7割から8割程度といわれます。
不動産会社は買取ののちにリフォームや営業をし販売する商売として買い取っていますので、やはり最終的に誰かに物件を売却した際に利益の出る金額での査定となるのです。

*対応業者が少ない

こちらは不動産会社の話になりますが、買取となると似た状況の物件から値付けが行われます。
そんな中ではやはり買取しやすい物件、しにくい物件があり、特に一軒家となると調査に時間や費用が掛かること、注文住宅では規格化されていない場合も多いことから、対応できる業者が限られてしまうのです。

□仲介・買取に向いている条件について

*仲介に向いている条件

一言でいえば、条件の良い家、ないしは手間がかかっても条件良く売りたい方です。
売却を急いでいないのなら、立地がよかったり築浅だったりと条件の良い家は必ず売れます。
また、「時間はかかっても良い」、「少しでも条件良く売りたい」、という方はやはり仲介の方が高く売れますので仲介の方が向いています。

*買取に向いている条件

一言でいえば制限が多い場合です。
金額でこそ仲介の方が向いていますが、仲介手数料を払う必要があったり多くの人の目に販売情報が触れたりと、これらが嫌だという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし買取であれば人の目には触れませんし、現金化までのスピードも速く、出費もほとんどかかりません。

また、極端に築年数が古かったり立地が悪かったり、あまり条件がよくないと仲介では売れにくいことも多く、そういった場合も買取の販売をおすすめします。
条件的には悪くなかったとしても、仲介に出してから年単位で売れていない場合は思い切って買取に変更し売却するのも手段のひとつではないでしょうか。

□まとめ

仲介が人気な理由はやはり売却金額の高さですが、それは仲介が必ずしも優れているということではありません。
物件や売主の条件はさまざまで、条件によってどんな販売方法が向いているかもさまざま。
最初から手段を絞らないためにも、まずは当社のように複数の販売方法を扱っている不動産会社に相談することをおすすめします。

記事検索

NEW

  • 空き家売却にかかる所得税とはどんなもの?どう計算する?

    query_builder 2023/12/20
  • 離婚時に持ち家はどうしたら良い?任意売却をおすすめするケース

    query_builder 2023/12/13
  • 不動産売却で住み替えるときに知っておいたほうが良いこと

    query_builder 2023/12/06
  • 任意売却をご検討中の方へ!任意売却を行える期間はいつ?

    query_builder 2023/10/30
  • よくトラブルの起こる不動産買取をトラブルなく終わらせるには?対処方法もご紹介!

    query_builder 2023/10/21

CATEGORY

ARCHIVE