空き家はすぐに売却するのがおすすめ!固定資産税が高くなるリスクについてご紹介!

query_builder 2023/01/21
ブログ

「両親から相続した空き家をどうすれば良いのかわからない」
「空き家を管理するのが面倒」
このような方は、空き家をすぐに売却することをおすすめします。

空き家を売却せずに所有し続けていると、固定資産税が高くなる恐れがあります。
今回は、空き家の固定資産税について紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

□空き家の固定資産税について

空き家を所有すると、固定資産税と都市計画税を支払う必要があります。

不動産にかかる固定資産税は、「固定資産税評価額×1.4パーセント」で求められ、都市計画税は、「固定資産税評価額×0.3パーセント」で求められます。

なお、空き家を含む住宅には減額特例があり、以下のように計算できます。

敷地面積が200平米の場合の固定資産税は、固定資産税評価額の6分の1に1.4パーセントを掛けて計算します。
また、都市計画税は、固定資産税評価額の3分の1に0.3パーセントを掛けて計算します。

敷地面積が200平米を超える場合の固定資産税は、固定資産税評価額の3分の1に1.4パーセントを掛けて計算します。
都市計画税は、固定資産税評価額の3分の2に0.3パーセントを掛けて計算できます。

この固定資産税が、特定空き家に指定されると6倍になる、ということをご存知でしょうか。
特定空き家とは、以下のような空き家です。

・倒壊の危険性がある
・著しく衛生上有害となる恐れがある
・適切に管理されておらず、周囲の景観を損なっている
・周囲の生活環境を保つために、不適切な状態である

空き家を放置していると倒壊したり、犯罪に使われたりする恐れがあります。
このような状態が続くと特定空き家に指定され、固定資産税が6倍になってしまいます。
特定空き家に指定されないためには、空き家を適切に管理することが必要です。

□固定資産税を払えなかった場合について

固定資産税が6倍になれば、支払えなくなる可能性があります。

ただし、空き家を所有している限り、固定資産税の支払い義務は発生します。
以下より、固定資産税を払えなかった場合に起こることについて紹介します。

1つ目は、1日でも滞納すると延滞金が発生することです。
固定資産税の支払いが1日でも遅れると延滞金が発生してしまいます。

例を挙げると東京なら、令和4年1月1日から令和4年12 月31日の間に固定資産税の滞納があった場合、1か月未満の滞納なら本来納めるべき固定資産税の2.4パーセント、1か月以上の滞納なら8.7パーセントの延滞金が発生します。

延滞金を増やさないために、納税はすぐに行いましょう。

2つ目は、督促状や催告状が届くことです。
固定資産税を滞納すると、納付期限が過ぎてから20日以内に自治体から督促状が届きます。
督促状が届いてもなお固定資産税の滞納を続けた場合は、催告状が届きます。

3つ目は、給与や預貯金などの財産が差し押さえられることです。
固定資産税の滞納が続くと、空き家の所有者の許可なく、財産調査や身辺調査が行われます。
空き家の所有者に「差押調書」が送付され、その後に財産が差し押さえられます。

給与が差し押さえられた場合は、勤務先に「債権差押通知書」が送られます。
これが送られることで、勤務先に固定資産税を滞納していることが知られてしまいます。

4つ目は、空き家や所有している不動産が公売にかけられることです。
財産が差し押さえられても固定資産税の支払いができない場合は、行政が空き家を公売にかけて現金化することがあります。
公売にかけられる前に必ず納税しましょう。

□空き家は売却するのがおすすめ?

以下より、特定空き家に指定され、固定資産税が6倍にならないための対策について紹介します。

1つ目は、売却です。
売却の場合、「空き家の譲渡所得の3000万円控除」の特例が適用されることがあります。
この特例の適用条件を満たせば、税金を大幅に抑えて売却できます。
また、売却することで固定資産税の負担がなくなるだけでなく、まとまった現金を手に入れられます。

2つ目は、解体です。
地域によっては、解体費用の補助制度を設けている自治体もあります。

ただし、解体して更地にする場合は、固定資産税が増加するので注意してください。

3つ目は、賃貸です。
リフォームを行うことで賃貸物件にするのも選択肢の1つです。

しかし、入居者が見つからなければ、収入を得られずに固定資産税を支払うことになるので、注意してください。

4つ目は、親族の移住です。
親族が住み、しっかりと管理することで、特定空き家の指定を回避できます。

ただし、建物の老朽化が進んでいるので、あまりおすすめしません。

□まとめ

今回は、空き家の固定資産税について紹介しました。
空き家をそのまま放置していると、固定資産税が高くなるリスクがあります。
空き家は所有しているだけで、費用がかかってしまうので、できるだけ早めに売却することをおすすめします。
台東区周辺で空き家の売却をお考えの方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

記事検索

NEW

  • 空き家を売却した場合の3000万円控除について!特例の条件をご紹介します!

    query_builder 2023/02/03
  • 相続した空き家の売却後の確定申告について紹介します!

    query_builder 2023/02/07
  • 不動産買取のメリット・デメリットとは?不動産買取に向いている条件もご紹介!

    query_builder 2023/01/30
  • 空き家はすぐに売却するのがおすすめ!固定資産税が高くなるリスクについてご紹介!

    query_builder 2023/01/21
  • 任意売却ができないケースとは?任意売却できないとどうなるのかについてご紹介!

    query_builder 2023/01/13

CATEGORY

ARCHIVE