土地の売却はいつがベスト?タイミングを考える上でのポイントや注意点をご紹介!

query_builder 2022/09/23
ブログ

土地が要らなくなったとき、高く売れるタイミングで市場に出すことが大切です。

しかし、どのようなタイミングを狙えば良いのでしょうか。
この記事では、台東区周辺で土地売却をご検討中の方に向けて、売却時期を考える際のポイントをご紹介します。

□売却時期を考えるポイントをご紹介!

どのタイミングでの不動産売却を考えるべきなのでしょうか。
オススメのタイミングを3つご紹介します。

まずは需要が高い時期です。
季節によって、土地が売れやすい時期、そうではない時期が存在します。
春であれば、転勤や異動が多いため、需要は高いです。

一方、夏は引越しをする方が少ないため、需要は低いです。

次は経済の状況が良い時です。
土地の売却価格は基準地価がベースになるのですが、地価は経済状況に大きく依存します。
実際、リーマンショックや東日本大震災によって、直後は値段が大きく下がったものの、2013年に東京オリンピックの開催が決定してからは、価格が高騰しました。

次は周辺環境が変化した時です。
近隣で大型の商業施設や娯楽施設の開店、都市部への道路の開通が起こると、土地の注目度が上昇し、価格が高騰します。

しかし、少子高齢化が加速すると、土地の価格は下がるでしょう。

□土地売却の注意点を解説します!

土地を売却する際にはどのようなことに注意しなければいけないのでしょうか。
ここでは、古家付きの土地を売却するときと、相続した土地を売却するときの2つに分けて解説します。

*古家付きの土地を売却するとき

木造住宅であれば、法定耐用年数である22年を過ぎると建物に値段がつかなくなります。
これによって古家を解体して更地にしてから売却する方法と、そのまま売却する方法の2つに分かれます。

前者のメリットは、土地の相場価格で売却できることです。
しかし、古家の解体に費用がかかってしまう点はデメリットです。

後者のメリットは、解体費用がかからないことです。
一方、古家を解体する費用は買い手が負担するので、売却価格が相場以下になることが多いです。

*相続した土地を売却するとき

不動産を売却できるのは、登記簿に所有者として登録されている方だけです。
そのため、相続したのであれば土地の名義人を変更しておく必要があります。
相続登記の手続きの際には、戸籍謄本や除籍謄本、住民票や固定資産評価証明書のような書類が求められます。

□まとめ

高く売れるタイミングや土地売却の際の注意点を解説しました。
今回の記事を参考に、納得のいく土地売却にしてくださいね。

記事検索

NEW

  • 不動産売却にはどのくらいの印紙代がかかる?

    query_builder 2022/10/04
  • 不動産買取で必要な書類とは?事前に準備しておきましょう!

    query_builder 2022/09/30
  • 相続した土地を売りたい方へ!売却の手順や注意点について解説します!

    query_builder 2022/09/27
  • 土地の売却はいつがベスト?タイミングを考える上でのポイントや注意点をご紹介!

    query_builder 2022/09/23
  • 現在問題視されている空き家問題とは?その原因やデメリットを徹底解説!

    query_builder 2022/09/19

CATEGORY

ARCHIVE