マンション売却を検討されている方へ!空き家で売るメリットとデメリットをご紹介!

query_builder 2022/07/28
ブログ


マンション売却を検討すると、空き家で売るのが良いのか入居中で売るのが良いのか、どちらが良いのかで悩んでしまい、時間がかかってしまうことがあります。
そこで今回は、空き家で売れるのかと空き家で売るメリットとデメリットを紹介します。
マンション売却を検討している方は、ぜひ参考にしてください。




□マンションの販売方法について


1つ目は、賃貸です。
賃貸として売り出せば家賃を収入として得ることができますが、立地によっては借り手がなかなか見つからなかったり、管理の大変さがついてくるというデメリットがあります。
自宅から離れている場合、自分での管理が大変になることがあるので注意しましょう。

2つ目は、販売です。
賃貸の苦労する面を考えると、販売する方が良い場合があります。
一般的に売却の場合、住宅に住みながら買い手を探して売却資金でローンを完済して二重ローンを防ぐという方法が使われるので、該当しない場合は空き家での販売も可能です。

マンションを空き家のまま売りに出すこと自体は珍しいことではないので、元住んでいた住居と新居のローンが二重にならないように注意しておくようにしましょう。



□マンションを空き家で売るメリットとデメリットについて


メリットの1つ目は、購入検討者の都合に合わせて内覧できることです。
日当たりの良し悪しや夜間の騒音など、入居する上で気になる点があるので慎重に選ぶ方が多い上、何度も足を運んで内覧をしてから決めるのが良いとされています。
空き家であれば好きなタイミングで内覧可能なので購入を検討しやすいです。

メリットの2つ目は、リフォームが検討しやすいことです。
空き家の状態は、家具が一切ないため家の広さや間取り、キズなどが見つかりやすいため変更したい場所を決められてリフォームが検討しやすくなります。
購入検討者の家族構成から間取りを考えることができるのがメリットです。

メリットの3つ目は、即購入であれば買い手がつきやすいことです。
通常の場合は退去する時期などから入居時期を決めなければならないので、買い手側のタイミングで入居を決められる空き家は買い手が見つかりやすいというメリットがあります。

デメリットは、劣化です。
人が住んでいない状態が続くと、部屋の換気がままならないため、環境が床材を傷めてしまう場合があるので注意が必要です。
定期的なメンテナンスを行わないと、害虫やカビのリスクが高まるので気をつけましょう。



□まとめ


この記事では空き家で売るメリットやデメリット、マンションの販売方法を紹介しました。
マンションの販売を検討すると販売方法や状態を考えなければならないので大変ではありますが、自分の状態に合った方法で上手に販売を行うようにしましょう。
台東区周辺でマンション売却でお悩みがある方は、ぜひ一度当社にご連絡ください。



記事検索

NEW

  • マンション売却を検討されている方へ!空き家で売るメリットとデメリットをご紹介!

    query_builder 2022/07/28
  • マンション売却におけるガスや電気の解約について!タイミングや注意点をご紹介!

    query_builder 2022/07/26
  • マンション売却ではフローリングの傷を修復した方が良い?その判断ポイントご紹介!

    query_builder 2022/07/24
  • 雨漏りしているマンションの売却について!売る前に補修すべき理由を解説します!

    query_builder 2022/07/22
  • マンション売却におけるお金の流れとは?決済時の注意点も併せてご紹介!

    query_builder 2022/07/20

CATEGORY

ARCHIVE